« Acer Aspire L3600-A10を修理する その2 部品調達・修理編 | トップページ | Acer Aspire L3600-A10を修理する その3 OSインストール編 »

2019年7月 6日 (土)

液晶モニターが壊れた。

PCを再起動したタイミングで壊れた。
電源ランプがつかないので電源系か?

物はBenQのE2200HD、買ったのは2009年5月ごろ。
気が付くともう10年使っていたようだ。
発売時は世界初の21.5型FullHDモニターだった。

取り合えずこの時代のBenQのモニタはコンデンサが弱いらしいのでばらして確認してみた。

・電源基板
Powerunit

・制御基板
Controlrunit

ぱっと見コンデンサで異常があるものは無かった。
また基板上で異常そうな部分も見受けられない。
ただ電解コンデンサは一見正常に見えても高周波での性能が劣化している可能性が高いため、修理するなら全部交換するほうが確実なようだ。
あとトランジスタが壊れている事例も多いみたいなので調べるとなると色々大変となる。

これで私が所有するBenQのモニタは3台ともすべて故障となった。
まあ、消費電力的なものや重量的なものを考えてもこの時代のモニターを修理するメリットはないので今回は別途調達を考えることにする。


|

« Acer Aspire L3600-A10を修理する その2 部品調達・修理編 | トップページ | Acer Aspire L3600-A10を修理する その3 OSインストール編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

パソコン周辺機器」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Acer Aspire L3600-A10を修理する その2 部品調達・修理編 | トップページ | Acer Aspire L3600-A10を修理する その3 OSインストール編 »