« 懐かしグッズ色々と | トップページ | UltraVNCファイル関連付けに関する覚書 »

2018年11月10日 (土)

Windows10のブートマネージャを復旧させる

HDDにインストールしたWindows10の挙動が色々おかしかったのでこれを機にSSD導入とクリーンインストールを実施したら余計なところで嵌ったので次回のメモ書きとして。

1.発端
 Windowsの休止状態がまともに動かなくなった為。

2.現象
 通常シャットダウン・休止状態で終了問わずに次回電源起動時にWindows Boot Manager起動後に電源がダウンする。
 もう一度電源を入れると正常に起動する。
 このせいで休止状態からの復帰が効かなくなった。

3.原因の予想
 Windows Boot Managerは起動しておりWindowブートローダーを呼び出すタイミングで電源落ちしているように見える。
 Windowsが起動する前のためシステムイベントにも情報が残らないので詳細は不明。
 高速起動とかその辺りの諸々の設定変更は考えられる限り試行済み。
 状況的にもうやれる事が無い為お手上げ状態。

4.対策
 OSのクリーンインストール。
 ついでにSSDで高速化してパフォーマンスを上げる。

というわけでSSDを突っ込んでOSクリーンインストールしたのだが、HDDを接続したままだったのでWindows Boot ManagerがHDD側を使われてしまった。

管理者で立ち上げたDOSコマンドより確認。
C:\windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier {bootmgr}
device partition=\Device\HarddiskVolume5
path \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
description Windows Boot Manager
locale ja-JP
以下略

C:\windows\system32>echo list volume | diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.17134.1

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: LocalPC

DISKPART>
..Volume.###...Ltr...Label.................Fs............Type.................Size..........Status...........Info
..----------..---.-----------..----......----------..-------..---------..--------
..Volume.0........G.....................................................DVD-ROM..........0.B............................メディアなし
..Volume.1........D....................................FAT32....Partition........85.MB....正常..............ページ.ファイル
..Volume.2........C....................................NTFS.....Partition.......476.GB....正常..............ブート
..Volume.3.................WRT....................NTFS......Partition......490.MB....正常
..Volume.4.................Recovery..........NTFS......Partition.........13.GB....正常
..Volume.5.........E.....Windows............NTFS......Partition.......917.GB...正常
..Volume.6...............................................NTFS......Partition.......512.MB...正常
..Volume.7.................SYSTEM...........FAT32....Partition.......100.MB...正常..............システム
..Volume.8.........F.....ESD-ISO...........NTFS.....リムーバブル.28.GB..正常
..Volume.9.........H.....UEFI_NTFS........FAT......リムーバブル512.KB..正常
DISKPART>

WindowsブートマネージャーがVolume5のE¥Windowsで登録されている。

状況的には今回対処法を参考にさせていただいたこちらとほぼ同じ。
Linuxの代わりに元のWindowsという状況。

Disk

でパーティションを操作するのにAOMEI Partition Assistant Standardを使用したのだがここでEFIパーティションを作成後にフォーマットしてしまったのが間違いで、boot,espフラグを付ける事が出来ず泥沼にはまることに。

結局最終的に修復できるまで試行錯誤の末半日費やした。

・最終的にやったこと

1.HDDを外す

2.Windowsインストールメディアで立ち上げ

3.SSD側.EFIパーティションを削除
 >diskpartからselect disk、select partでEFIパーティションを選択
 >delete partitionで削除

4.SSD側EFIパーティション再作成
 >diskpartからcreate partition efi size=100でパーティションを再度作成。
 >サイズの単位はMBだが私の場合は85MBしか確保できなかったのでsize=85で作成した。

5.EFIパーティションにドライブ番号を割り振り
>assign letter=D
 >diskpartからlist volで各VolumeのLtrの文字を確認し、空いているドライブ番号を割り振る。
 >私の環境ではWindows10のボリュームにCが割り振られていたのでEFIにはDを割り振った。
 >ここまでやったらdiskpartをexitで抜ける。

6.ブートローダーのインストールとUEFIファームウェアへの登録
 >bcdboot C:\Windows /s D: /f UEFI
 >上記コマンドが正常終了したらPCをシャットダウン。

6.HDDを接続してPC立ち上げ

上記作業でWindows Boot ManagerがSSDのEFIパーティションに切り替わった。

管理者で立ち上げたDOSコマンドより確認。
C:\Windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier {bootmgr}
device partition=\Device\HarddiskVolume1
path \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
description Windows Boot Manager
以下略

C:\Windows\system32>echo list volume | diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.17134.1

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: LocalPC

DISKPART>
..Volume.###..Ltr .Label  ...........Fs......Type.................Size...........Status............Info
..----------..---.-----------..----..----------..-------..---------..--------
..Volume.0.....G................................................DVD-ROM.........0.B...................................メディアなし
..Volume.1.....C.....windows10....NTFS......Partition....476.GB..........正常................ブート
..Volume.2.......................................FAT32....Partition.....85.MB............正常................システム
..Volume.3............WRT.................NTFS......Partition....490.MB..........正常
..Volume.4............Recovery.......NTFS......Partition.....13.GB............正常
..Volume.5.....E.....Windows.........NTFS......Partition....917.GB..........正常...............ページ.ファイル
..Volume.6.......................................NTFS......Partition....512.MB..........正常
..Volume.7............SYSTEM........FAT32.....Partition....100.MB..........正常...............非表示

DISKPART>

WindowsブートマネージャーのdeviceがVolume1を向いているのが確認できる。

余計な作業で疲れた。
で、肝心の現象はSSDから起動する限り発生していない。(今のところ)
あとはまあ作業環境復旧をぼちぼちと進める予定。

・2018/11/27追記:今後UEFI/GPTのディスクをシステムごと別ディスクへ移行する際の覚書として。
別途ノートPCでHDD 1TBからSSD 512GBへシステムを移行しようとしたらフリーのパーティションツールやDISKバックアップツールのクローンモードではGPTは対象外で有料版しか対応していないようだ。
パーティションのコピーはできるので、コピー元のディスクのパーティションを手動ですべてSSDにコピーして上記2.からの対処を行いHDDからSSDへシステムを無事移行できた。

 

|

« 懐かしグッズ色々と | トップページ | UltraVNCファイル関連付けに関する覚書 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows10のブートマネージャを復旧させる:

« 懐かしグッズ色々と | トップページ | UltraVNCファイル関連付けに関する覚書 »