« 色々ばらしてみた | トップページ | パレード? »

2013年8月21日 (水)

Android版SMARTalkリリース

Fusion IP-Phone SMARTの公式アプリが来たので。

2013_08_2101_40_42
早速導入してみたが個人的にはSMARTalkのインタフェースの方が好みだ。
しかしCSipSimpleよりメモリ使用量が多くなった。

2013_08_2101_39_42

設定として発信のみ、通話画面中のみ着信、発着信と3種類ある。
着信方法だがCSipSimple同様の使い方と、もう一つ公式アプリの機能でプッシュ通知が可能となっている。

これはアプリをバックグラウンドで動作させていなくてもプッシュ通知をトリガーとして通話アプリが立ち上がり、IP電話の着信が可能となる機能だ。

但し機種によっては正常に動作しない場合がある様だが、私の機種では一応ちゃんと動作した。

しかしアプリを常駐させないでプッシュ通知をする場合いくつか注意点がある。

実際試してみたがEmobileからWiFiに通信が切り替わった際やその逆、SIMの電波受信が途絶えた後に復旧した場合などSIPサーバから見たIPアドレスが変わった場合はプッシュ通知が正しく行われなくなった。

なので通常移動しながら使う場合はアプリをバックグラウンドで立ち上げておくのが間違いないと思われる。
バックグラウンドで動作しているとネットワークが切り替わった場合、多少のタイムラグのあとSIPサーバへ再登録が行われ正常に着信が可能となる。

また常駐させても省電力待機モードで待ち受けするので電池の消費はそこまで多くないと思われる。
念の為WiFi接続状態で放置してみたが4時間半で端末全体で2%のバッテリー消費量であった。


あとちょっと前にSO-03D向けに公式で新ファームアップの6.1.F.0.128が来ていたので資材置き場さんの使わせてもらってこの前にアップデートした。


20130814163853

カーネルバージョンは変わっているがビルド番号は6.1.F.0.106のままとなっている。
ただ、アップデートチェックしてもファームは最新と判定されるので表記のみの問題の様だ。

6.1.F.0.106よりメモリの使用量が減ったので空き領域が2~300M位の間になったのがありがたい。
普通に使っていれば空きメモリが100Mを切ることはなくなった。

しかし経験から空きメモリが70M位になると明らかなパフォーマンス低下が起こるので、できれば2M2Gの搭載メモリがほしいですな。
まあ最新端末は2M2Gbyte積んでるのもあるようですが。

|

« 色々ばらしてみた | トップページ | パレード? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

メモリの容量は2Gの間違いじゃないでしょうか

投稿: | 2013年8月21日 (水) 06:43

コメントどうもです。
2Gの間違いですね。

投稿: | 2013年8月21日 (水) 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Android版SMARTalkリリース:

« 色々ばらしてみた | トップページ | パレード? »