« 前回記事の雅楽演奏家へJASRACからの謝罪が来たようです。 | トップページ | 2013年 »

2012年12月18日 (火)

Hybrid ZERO3の月賦終了。

さて次はどうするかねえ。

まあWillcomのスマホとしての選択肢は実質DIGNO DUAしかないんですけどね。

でも灰鰤の後にまさかデュアル端末が出るとは思っていなかった。
てっきり灰鰤が最後のデュアル端末だと思っていたので、発表を見たときは意外感と少しの期待感があった。

が、しかしPHSのデータ通信を無くしたスペックを見て逆に”ああ、ついにPHS終了のお知らせが出ちゃったねえ”という悲しい気分にさせられてしまった。

それは音声通話が衰退し、データ通信がメインとなった今PHSに残された最後といってもいい武器が低額低速パケット通信だと考えていたからだ。

現在LTE等の高速通信全盛の中で逆にDOCOMOのMVNOで100~200kbps前後で1000円前後の低速通信もある程度の存在感を出してきて、低速低価格通信にもそれなりの需要があることを知らしめている。

まさにPHSに合致する分野なので、もう巻き返しは無理としても最後までこの分野でがんばってくれると思っていた。

携帯電話とPHSが産声を上げた頃からPHSを応援し、今までPHS以外買ってこなかった身としては最後までPHSを応援するつもりだった。

しかしこの端末の登場で正直心が折られた感がある。

Softbankの下でついにPHS終了へのカウントダウンが始まったのだと思う。
PHSからのWillcom独自のメールサービスへもアクセスできなくなりパケット通信も無くなった以上、次は音声通話の廃止だろう。

Willcomメールへのゲートウェイ機能の開発資金が出なかったのか出さなかったのかは知らないが、機種変更後はどうしようもないと言う時点で今後の予想も付いてしまった。

PHSを応援して来た身としては非常に残念だが、次の端末にWillcomという選択肢は無くなってしまった。
このまま灰鰤を塩漬けにしてプランの3年縛りが抜けたら解約するか、それともさっさと解約して別キャリアに移行するかまだ決めかねている。

PHSからはMNPで転出は出来ないので新規契約になるが、さてどこのキャリアにするかもう暫く悩む事になりそうだ。

あっ、どう転んでもSoftbankはないです、はい。
それならWillcom解約とかしませんからねえ。

|

« 前回記事の雅楽演奏家へJASRACからの謝罪が来たようです。 | トップページ | 2013年 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hybrid ZERO3の月賦終了。:

« 前回記事の雅楽演奏家へJASRACからの謝罪が来たようです。 | トップページ | 2013年 »