カテゴリー「ソフトウェア」の12件の記事

2020年5月21日 (木)

UltraVNCでリモートPC側の特定ソフトウェアを選択すると遠隔操作出来なくなる件

テレワークが本格化してちょっと困っていた件

続きを読む "UltraVNCでリモートPC側の特定ソフトウェアを選択すると遠隔操作出来なくなる件"

| | コメント (2)

2020年1月19日 (日)

DiceからIOBBのDDNSの更新を行ってみる

IODATAのルータでiobb.netのDDNSを使用して外部から自宅LANへアクセスしているが、IODATAのルータはDDNSサーバーへのIPアドレス更新が失敗しても再更新してくれない。
このせいで外部からのアクセスが不可能になることがある為ちょっと対策を考えていた。

続きを読む "DiceからIOBBのDDNSの更新を行ってみる"

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

Neko Project 21/WでWindows3.0Aを動かしてみる

恐らくWindows3.0を見たことのある人は少ないと思うのでちょっとインストールして動かしてみた。

続きを読む "Neko Project 21/WでWindows3.0Aを動かしてみる"

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

Neko Project 21/WでWindows2000を動かしてみる

割と積極的に更新されているPC-98XX系エミュレータのNeko Project 21/WでWindows2000が動くみたいなので、今更だがNEC版のWindows2000を動かしてみた。

続きを読む "Neko Project 21/WでWindows2000を動かしてみる"

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

USBDeview v2.80 日本語化ファイル

公式サイトで配布されている日本語ファイルは作成日が10年前と古く最新版に対応していなかったので例のごとく適当な翻訳・意訳で日本語化ファイルを作成してみた。
USBDeviewの実行ファイルと同じ場所に日本語化ファイルを置くと日本語化されます。
iniファイルはテキストなのでメニュー項目の日本語訳を削除すると該当するメニュー部分を英語表示に戻せます。
翻訳の怪しい部分は英語に戻すなり修正するなり個人で適当に対応してください。

ダウンロード - usbdeview_lng.ini

 

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

Acer Aspire L3600-A10を修理する その6 BIOS ROM復旧実践編

ついにROMライタが到着したのでL3600のBIOSチップを読み出すことにした。

続きを読む "Acer Aspire L3600-A10を修理する その6 BIOS ROM復旧実践編"

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

Acer Aspire L3600-A10を修理する その5 BIOS ROM復旧準備編

ここまで来たら最後までやれることはやろうと書き換えに失敗したBiosの復旧を目指すことにした。

続きを読む "Acer Aspire L3600-A10を修理する その5 BIOS ROM復旧準備編"

| | コメント (0)

Acer Aspire L3600-A10を修理する その4 BIOS更新編

CPU換装も視野に入れているのでBiosを最新版にアップデートすることにした。

続きを読む "Acer Aspire L3600-A10を修理する その4 BIOS更新編"

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

Simple Vhd Manager 1.3 日本語化用ファイル

Simple Vhd Manager 1.3のメニューを日本語にします。
自分が判り易いように意訳してます。

VhdManager.iniにテキストの中身をコピペして追加・保存すればオプションのLanguagesから日本語を選べるようになります。
まあ日本語化するまでもないような気もしますがなんとなく日本語化したい方に。

「SimpleVhdManager_Lang_Japanese.txt」をダウンロード

 

 

続きを読む "Simple Vhd Manager 1.3 日本語化用ファイル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

UltraVNC 64bit版の日本語化DLL

UltraVNC 64bit版の以下のバージョンの日本語化DLLファイルがあります。
1.2.2.3/1.2.2.4/1.2.3.0/1.2.4.0/1.2.5.1

久しぶりにVNCのバージョン上げたらオプションが増えたり減ったりしてたので、1.2.0.9をベースにオプション項目の追加・削除とと表示位置調整、日本語説明文の調整や英語説明文の更新とメニュー表示欠け部分の一部調整。
増えたオプションとかは敢えて英語のままです。
1.2.0.9がベースなのはバージョンアップ前に使用していたのがこのバージョンだったからです。
日本語化ファイルは64bit版用です。
32bit版は無いです。
VNCの実行ファイルと同じフォルダに突っ込んだら日本語化されます。

最初はUltraVNCの1.2.2.2をインストールして日本語化工房さんの日本語化ファイルを使おうとしたけど駄目だったのでどうしようかと考えていたらUltraVNCの1.2.2.3がでてたのでまあ自分で作るかと。
日本語化工房さんの様に差分ファイルを作る事も出来なくはないけどマイナーチェンジでCRCエラーが出て適用できないのはめんどくさいし、DLLファイルで日本語化できるのなら別にそれでいいかなあと。
あとオプションとか増えなければバージョン上がってもそのまま使えるので。

割と適当にやったので誰かちゃんとしたのを出してくれるまでのつなぎとして。

「UltraVNC1223_jp_dll.zip」をダウンロード

2019/04/08追記 
UltraVNC本家のダウンロードページに版の1.2.2.4が出てた。
マルチモニター周りの修正とかのバグフィックスがメインの様だ。
とりあえずインストールしてみたが日本語化DLLはそのまま使える感じ。

2019/07/14追記
オプションが増えていたのでやっつけで1.2.2.4版日本語DLLを作成。
64bit版用のみです。

UltraVNC1224_64bit版日本語DLLをダウンロード

2019/11/27 追記:
VNCViewerが1.2.3.0(内部的には1.2.3.1)になって日本語化DLLがあると起動できない様子。
取り敢えずVNCViewerはやっつけ修正の日本語化DLLで起動したので上げておきます。
VNCサーバは現状の日本語化DLLが有っても動くことは確認しましたが、オプションが増えたかどうかは調べてないです。調べて修正しました、一部の動作チェックはしたけどすべてはチェックしてないです。

注意:
今回は本家VNCViewerに大幅な改修が掛かっています。
簡単な動作確認は行っていますがこの日本語化DLLを使用した場合にUltraVNCが想定外の動作をする可能性があります。
また翻訳文はスぺースの関係で判る範囲で意訳したり省略したり、そもそも翻訳自体怪しかったりします。
よってこの日本語化DLLの使用に関しては自己責任でお願いします。

UltraVNC1230_64bit版日本語DLLをダウンロード

更新履歴:
12/09 下記不具合対処版に差し替え。
 ファイル転送関連
・ローカルフォルダの切替動作不具合
・上書き警告ダイアログ関連の不具合
11/30 ViewerとServer用の日本語化DLLをZipファイルにまとめました。
11/28 接続オプション不具合修正版に差し替え

2020/04/14追記:
本家で1.2.3.0が消えていて1.2.4.0と1.2.5.1がでていたのでやっつけで作成。
1.2.4.0は一応作ったけどオプションが増えていないので1.2.3.0用のをそのまま使用しても問題なさそうです。
動作確認は未実施。

ダウンロード - lang_jp_1240.zip

1.2.5.1は圧縮オプションが一つ増えてたので対応。
一応動作確認したけど全部はしていない。

ダウンロード - lang_jp_1251.zip

何かおかしな所があればコメント頂ければ対応できればする(かも)

2020/06/16追記:
コメントで日本語化の質問があったので試しに作ったUltraVNC 1.2.5.1の32bit版の日本語化DLLをアップ。
Windows7 Home Premium 32bit版で動作させて取り合えず日本語化されることは確認。

ダウンロード - vnclang_1251_32bit.zip

 

| | コメント (26) | トラックバック (0)