« EPSON DIRECT Endeavor ST170Eの中古を購入 | トップページ | Dell Inspiron15 3567の液晶パネルの交換 »

2020年8月 6日 (木)

ADATA SU650の熱対策を行う

外れ個体なのか異常に熱蓄積してファイルエラーが多発するADATAのSSD SU650の熱対策を行った。

ThinkCentre M93p Tiny で運用していたSU650だが、Windows から度々ディスクエラー警告が発生し都度再起動で修復されていたのだが、TEXTファイルを開いたらOSを巻き込んで吹っ飛んだ。
一応自動リカバリで起動するもOSが異常動作をするようになり結局修復インストールで復旧した。
しかし多数のファイルで読み込みするとそのまま無応答となる現象が発生し、結局別SSDを用意してOS再インストールと環境再構築をする羽目になった。

一応CrystalDiskInfo で取り外したSU650のS.M.A.R.T情報を確認したがハード的なエラーはカウントされておらず、恐らくは熱の影響で書き込みエラーが発生していたのではないかと推測した。
Adata-su650_smart
というのもこのSSDは運用時にOpen Hardware Monitorで温度監視をしていたら、CPU温度が50℃辺りを表示しているときに何故か60℃を超える温度を表示しており、負荷がかかると70℃を超える温度となっていた。
SSDの温度が70℃を超えている場合、CrystalDiskInfoでは温度表示が赤くなり異常状態だと評される。
一応PCから外してUSB接続状態だと41℃位の表示となるので他のSSDの温度表示と大きな差が無い事から、計測温度が狂っている訳でも無いみたいだ。
SSD交換後に色々調べてみたが、USB接続の単体状態で無負荷時の温度が42℃、負荷をかけると61℃まで上昇することを確認した。
・無負荷時
Adata-su650_1
・負荷時
Adata-su650_2

比較対象としてメインのデスクトップに内蔵して使用しているINTELのSSDも確認した。
・無負荷時
Intel-ssdsckw512gb8_1
・負荷時
Intel-ssdsckw512gb8_2
こちらは注意温度である50度まで上昇しているが、今まで使用して異常が発生したことは一度もない。

と言う訳でSU650をこのまま転用するには危険すぎるので取り合えずダメもとで分解して熱対策可能なのか調べてみた。
・ケース分解
Su560_001
・SSD基板
Su560_002

基板状態で負荷をかけて調べてみると、NANDチップの上にあるRealtek製制御チップが発熱していることを確認できた。
・Realtekの制御チップ
Su560_003

幸いチップが実装されている基板面が接するケース下部は金属製なので、チップと金属面を熱伝導シートで密着させれば放熱板代わりでチップ自体を冷却出来るのではないかと考えた。

と言う訳で熱伝導シートを調達。
Su560_004
どの厚みが適当か判断できなかったので、0.5/1.0/1.5mmの三種類セットを購入し現物合わせした結果1.5mmを使用した。
・ケース下部に熱伝送シートを張り付け
Su560_005
・基板をケース下部に実装した状態
Su560_006

この状態で無負荷時と負荷時での温度確認を行った。
・無負荷時
Adata-su650_11
・負荷時
Adata-su650_12
結果負荷時の温度が10℃近く低下していることを確認できた。
これならデスクトップで使用するなら問題なさそうな温度である。
多分ノートパソコンとかでも大丈夫ではないかと思われる。

このSSDはテスト用ミニPCで運用してみて異常が出ないか確認してみる予定。


|

« EPSON DIRECT Endeavor ST170Eの中古を購入 | トップページ | Dell Inspiron15 3567の液晶パネルの交換 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

パソコン周辺機器」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

SSD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EPSON DIRECT Endeavor ST170Eの中古を購入 | トップページ | Dell Inspiron15 3567の液晶パネルの交換 »