« P20 liteのバッテリー交換作業 | トップページ | ADATA SU650の熱対策を行う »

2020年8月 2日 (日)

EPSON DIRECT Endeavor ST170Eの中古を購入

GIGABYTE GB-BACE-3000FTの置き換え用にEPSON DIRECTのEndeavor ST170Eを中古で購入して作業した記録記事。

ST170Eは2013年辺りに発売されたminiITXサイズの省スペースPCである。
私が購入したのはCDドライブなしのCore i3-4000Mバージョンだが同時に載せ替え用CPUも調達した。
St170e_

・本体分解 CPU部分
St170e_cpu2

・ヒートシンク取り外し
St170e_cpu1

・交換用CPU
St170e_cpu3

CPU交換後に250GBのHDDを取り外し120GのSSDとデータ用に500GBのHDDを接続。
このPCは省スペースPCにしては珍しくRAID構成が組めるようになっておりHDDが2台接続できる様にSATAポートも2個用意されている。
St170e_interface

画像右側にはオプションのシリアルポートも用意されている。
オプションとは言えシリアルポートは生きており、D-SUB9PINのインタフェースに変換するケーブルがあれば使用可能。
ついでにこのシリアルポート用に変換ケーブルも調達、現在使用しているYAMAHAのルータであるRTX810のシリアルコンソールへ接続できる様にすることにした。

購入したのは以下のケーブル。
St170e_serial

購入したケーブルのマザーボード側10PINの信号がマザーボードのコネクタにアサインされている信号と合っていなかった為、ケーブル側のPINを10PINブロックから抜いて正しい配置に差し替え、ルータのシリアルポートへ接続しコンソール操作できる事を確認した。
St170e_interface2

ちなみにケーブルとマザーボード側の信号のPINアサインは以下の様であった。
St170e_signalpin

D-SUB9PINコネクタを本体に固定した様子。
St170e_serial2

・OS情報
St170e_propaty_20200802215201
取り合えずWindows10 Proが入っており、CPUがCore i5-4310Mへ交換でRAMも4+8の12GByteへ増設、120GB SSDと500GB HDD搭載とそれなりのスペックになったので色々遊んでみる予定。

|

« P20 liteのバッテリー交換作業 | トップページ | ADATA SU650の熱対策を行う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

ST170E」カテゴリの記事

EPSON DIRECT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« P20 liteのバッテリー交換作業 | トップページ | ADATA SU650の熱対策を行う »