« 2HDのフロッピーディスクを2DDのフロッピーディスクとして使用する | トップページ | デジタルマビカ サンプルフロッピーディスク »

2019年10月 6日 (日)

PC-9821Nd分解記事

忘備録として。

液晶、上部パームレスト・キーボード取り外し。
Pc9821nd01

基板アップ画像1
Pc9821nd02

基板アップ画像2
Pc9821nd03

基板アップ画像3
Pc9821nd04

CPU&RAM
Pc9821nd05

RAM(ENP-32M 32MB)
Pc9821nd06

CPU(i80486SX 33MHz x 1.0)Nd搭載オリジナル基板
Pc9821nd08
CPU Signatureは42Bhを返す。

CPU(Buffalo製 i80486DX2 25MHz x 2.0)HND-DX4-AA
Pc9821nd07
CPU Signatureは435hを返す。
DX2 Overdiveが素のDX2の内部クロックを2倍するからDX4表記か?

CPU(Buffalo製 AMD 5x86-P75? 25MHz x 3.0)HND-25T-CA
Pc9821nd09
CPU Signatureは4E4hを返す。

CPU(Buffalo製 i80486DX4 25MHz x 3.0)HND-25T-AA
Pc9821nd10
CPU Signatureは480hを返す。

注意:CPUアクセラレータに関してはCPUの詳細情報がほとんどないので推測含む。
ヒートシンク外せば多分わかると思うがそこまではやらない。

|

« 2HDのフロッピーディスクを2DDのフロッピーディスクとして使用する | トップページ | デジタルマビカ サンプルフロッピーディスク »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2HDのフロッピーディスクを2DDのフロッピーディスクとして使用する | トップページ | デジタルマビカ サンプルフロッピーディスク »