« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月29日 (土)

Acer Aspire L3600-A10を修理する その1 準備編

マウス修理やノートPCのCPU交換を実施以来ハード修理・改造熱が高まった結果、壊れてジャンクと化し放置していたデスクトップPCを多分直せるだろうと修理することにした。

その修理するPCとはAspire L3600である。

続きを読む "Acer Aspire L3600-A10を修理する その1 準備編"

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

旧10円玉のお話

相変わらず探し物が出てこないがギザギザ付き10円玉が大量に出てきた。
大量にあったので年代別に分けてみた。

続きを読む "旧10円玉のお話"

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

ノートPCのCPUグリスを塗りなおす。

Aspire V3-571のCPUを交換した際にFANが意外にほこりを吸い込んでいることに気が付いたので、もう一台のノートPCもグリス確認ついでにFAN清掃をおこなった。

続きを読む "ノートPCのCPUグリスを塗りなおす。"

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

ノートPCの液晶パネルを交換するにあたっての確認項目について

Aspire V3-571を1366*768のHD液晶パネルから1920*1080のFHD液晶パネルへ交換できないかと調べていて余りネットにまとまった情報がなかったので調べたついでに自分用のメモとして。

結論から言うと条件付きで可能。
メイン基板から液晶パネルに接続するケーブルがHD解像度までしか対応していない。
ケーブル自体はFHDまで対応したものがあるのでケーブルが調達できれば交換できる。

以下液晶パネルの基本的な説明。

この時代の液晶パネルは信号規格にLVDSが採用されており、コネクタは40PINが採用されている。
しかし解像度によって映像用ケーブルの配線数が異なっておりHD解像度の場合は40PINのうち20PINの信号線しかケーブルに配線されていない。
それ以上の解像度の場合は40PIN全部の信号線が配線されている。
なので1366x768の液晶パネルしか採用されていないモデルのノートPCは映像ケーブルの信号線配線数をチェックしないと交換可能かどうか判別不可能。
同じモデルでFHD液晶パネルを採用したタイプがあればHD液晶パネル採用のモデルでも映像ケーブルは全ピン配線されている可能性が高くなる。

以上を簡単にまとめると以下の通り。
・物理コネクタは40PIN
・信号規格はLVDS
・使用配線数
 HD(1366x768)までは20PINだけ使用
 FHD(1920x1080)までは40PIN全部使用
・映像ケーブルは40PIN配線と20PIN配線の2種類ある
20PIN配線の映像ケーブルではFHD液晶パネルは接続できない
  注:接続は出来るが映像ピンのない液晶ラインに白い筋が入って表示がされるようだ。

最近の液晶パネルは信号規格にeDPが採用されており上記の規格とは互換性がない。
コネクタも30PINと40PINの2種類ありFHD解像度までが30PIN、それ以上の解像度であれば40PINのコネクタが採用されている。
また40PINコネクタのeDP信号の規格には2015年以降に従来のeDP信号の規格に加えてお互いに互換性のない2つの規格が採用されている。
以下新たに採用された2つの規格の説明
・40PIN eDP Touch
 30PINは従来通りFHD表示用の信号線、残りはタッチパネル用の信号線として使用。
 タッチパネルが液晶と一体化しているパネルで採用されている。
・40PIN eDP QHD+
 40PIN全部を映像用の信号線として使用。名前通りQHD(2560x 1440)以上の解像度を持つパネルに採用されている。

以上からノートPCの液晶パネル交換を行う場合に確認するべき点は以下のようになる。

1.パネルの信号規格
 ・LVDS
 ・eDP

2.コネクタピン数
 ・LVDS 40PIN
 ・eDP 30PIN or 40PIN
  40PINの場合の信号規格(eDP or eDP Touch or eDP QHD+)

3.コネクタ位置
 ・パネル左側 or パネル右側

上記以外の例外として
・ゲーミング用の120Hz駆動の液晶パネル向けLVDS 50PINコネクタ
・LEDバックライト以前の蛍光管バックライト方式向けLVDS 20PIN or 30PINコネクタ
・MacBook(VLDS/eDPともに独自仕様コネクタ)
がある。

市販されている一般的なノートPCの液晶パネルは大体液晶パネルメーカーの量産品が採用されているので上記の点を気を付けて選べば交換用液晶パネルの説明文に自分のノートPCのメーカーや対応機種がなくても交換が可能。
但しノートPCの天板への液晶パネルを固定するネジの位置が部分的に合わない場合があるのでその点は事前確認が必要となる。
MacBookに関しては独自仕様のコネクタを採用しているので汎用液晶パネルへの交換は不可。

因みに私のノートPCに搭載されている液晶はLP156WH4(TL)(A1)であった。
視野角と発色が微妙に良くないので解像度が同じIPSタイプに変えるのはありかもしれない。
V3571_lcd

最後になったが今回は以下の手順で調査を行った。

HWiNFOというソフトで液晶パネルの情報を確認
Acer Aspire V3-571
Hwi_monitor_v3571
信号規格がLVDSではなくeDPタイプのパネルの場合、以下の様に”Advanced parameters”の項目に”Digital Video Interface Standard Supported”が表れて”DisplayPort”と表示される。

例:Dell Inspiron15
Hwi_monitor_dell

Laptop screensというサイトで液晶パネルのコネクタ形状とコネクタ配置場所を確認
Lp156wh4
V3-571の液晶パネルの場合、15.6インチ HD LVDS 40PINコネクタでパネル左下配置となる。

Fvgpp
Inspiron15の場合は15.6インチ HD eDP 30PINコネクタで右下配置となる。
コネクタの形状からFHD以上の解像度のパネルへの入れ替えは出来ない事が判る。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

Windowsのインストールフロッピーディスクが出てきた。

押入れを探し物していたらWindows3.0AとWindows3.1とWindows95のインストールFDが出てきたので記念に記事を書いておく。

続きを読む "Windowsのインストールフロッピーディスクが出てきた。"

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

ホイールスクロール異常のマウスを修理する

スクロール中に頻繁に逆スクロールする為お蔵入りしていたマウスだが、前回静音マイクロスイッチを交換した際にホイールエンコーダを分解修理している記事を発見した。
元々ダメなものなので私もダメ元で今回修理してみた。

続きを読む "ホイールスクロール異常のマウスを修理する"

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

Acer Aspire V3-571 CPUアップグレード計画

という名のメモ書き。
進捗は随時追記・記載の予定。

作業結果としてCPUを交換してV3-571 H54DはV3-571 H78F相当のCPU性能となった。
以下本文
----------------------------------------------------------------------

続きを読む "Acer Aspire V3-571 CPUアップグレード計画"

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

14年前のPCにWindows10を入れてみる

2013年に書いた記事で使ったノートパソコンにWindows10を入れてみた。

続きを読む "14年前のPCにWindows10を入れてみる"

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »