« kancolleSniffer導入覚書 | トップページ | スマホのバッテリーの寿命 »

2018年4月21日 (土)

windows10の大型アップデート後に割りと高確率で休止状態からの復帰が失敗するようになる件について

そこそこ発生するし、一度発生すると中々治らなかったので困っていた。

現象としては電源オン後に画面にwindowsのロゴがでて、ハードディスクをアクセスした瞬間に自動でシャットダウンする。
復帰失敗後は通常起動に遷移するパターンと、トラブルシューティング画面に遷移する場合がある。
まあ大体は通常起動となる。
ちなみにトラブルシューティング画面になってもそのあとトラブルが解決される訳ではない。
この現象についてgoogleで調べたが役に立ちそうな情報は見つからなかった。

取り敢えず何回か発生した経験から、休止状態から復帰する為のハイパネーションファイルが正常に生成されていないのだろうということは見当がついていた。

試行錯誤の結果、結論としてはハイパネーションのファイルを作り直さないとダメだと分かった。
しかし電源の設定の所から単に休止状態のチェックを外してもファイルは残ったままで、チェックを戻しても再利用されている様で休止状態からの復旧は失敗する。

ファイルを作成しなおすには管理者権限で立ち上げたコマンドプロンプトよりコマンドを叩かなければならない。

以下のコマンドでファイルが作り直されることを確認した。

powercfg /hibernate off

powercfg /hibernate on

再生成を確認するにはエクスプローラの”表示”-”オプション”から開くフォルダオプションの”表示”タブから、”保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)”のチェックを外す。

そうするとCドライブのルートディレクトリに”hiberfil.sys”という名のファイルが確認できる。

powercfg /hibernate off

で一旦このファイルが削除されて消えるが

powercfg /hibernate on

で再びファイルが作成される。

これで休止状態からの復帰が正常に行えるようになった。
おそらくWindowsのアップデートでファイルに休止状態からの復帰情報が正常に反映されなくなっているのだろう。
アップデート後に再起動を要求してくるのだから、ハイパネーションファイルの再生成くらいはやっとけよ思う。

あとこのトラブル、システムログにも復帰失敗の理由が残らないので切り分けが地味に面倒だった。
高速スタートアップでNumロックが非ロック状態に戻される件といい、システム的な対応は難しくないと思うのだが多分この”仕様”も治らんのだろうなあ...治れば有り難いが。

|

« kancolleSniffer導入覚書 | トップページ | スマホのバッテリーの寿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/66633071

この記事へのトラックバック一覧です: windows10の大型アップデート後に割りと高確率で休止状態からの復帰が失敗するようになる件について:

« kancolleSniffer導入覚書 | トップページ | スマホのバッテリーの寿命 »