« BCM57785で不具合 | トップページ | Windows10の無料アップグレード »

2016年4月23日 (土)

Aspire V3-571をWindows10にアップグレードする

Windows7での起動がすごく遅くなっていたので、Windows10にアップグレードできないか調べてみた。

この機種の正式名称はAspire V3-571-H54D/Kである。
ACERのサイトのWindows10の対応表でV3-571は動作確認対象から外れており、メーカーでは動作保証していない様である。

とはいってもそれではアップグレードできないのかというとそうとも限らない。
メーカーが保証しない場合の理由はいくつかあり、単に発売時期が古いのでメーカで検証していない可能性も考えられる。
実際ほぼ同一構成といってもよい後継機種はWindows10に対応しているので、アップグレードできる可能性は高い。

後継のアップグレード対象機種と何が違うのか調べてみると、どうやら無線LANチップのメーカがネックになっているような感じである。
V3-571には生産された時期により採用されている無線LANカードが異なるらしく、どうも後期生産にはAtherosのチップが使われているようである。
後継のアップグレード対象機種もAtherosのチップが採用されており、V3-571でもAtherosチップであれば問題なくアップデートできそうな感じである。
実際ネットで出てくるV3-571にWindows10をインストールした事例はAtherosのチップを使ったものだけである。

で、Atherosのチップでない場合何が搭載されているかというとBroadcomのチップになる。

Wlancard

私の場合はBCM943228HMBというBroadcomのカードが搭載されており、メーカーのサイトで調べてもこのチップのWindows10用ドライバは見つからない。

おそらくはこの辺の事情でV3-571がアップグレードの対象機種から外れたのではないかと思われる。
このカードは内部でmPCIバス経由で接続されており、最悪Windows10で使えない場合は他の動作する無線LANカードに交換することも可能である。

事前に調べた結果ではこの無線LANカード以外はアップグレードに支障がなさそうなので、取り敢えずOSのアップグレードを実施することにした。

結果はWindows10へのOSのアップグレードは問題なく終了した。
Sysinfo

懸念していた無線LANカードは特に問題なくWindows10で認識された。
OSのデフォルトドライバで無線LANも問題なく通信できた。
Driver

それで当初の目的であった起動時間の短縮であるが、およそ1/3以下に激減した。
電源投入から1分位で起動する様になった。

まあこれでも早いとは言い難いがこれ以上早くするにはBIOSをレガシーからUEFIに変更し、HDDのパーティションも変換する必要がある。
OSを新規インストールするならこの辺の作業はネックにならないので可能だが、アプリ等を引き継ぎたかったので敢えて行わなかった。

アップグレード後からやれないこともないのだがリスクもそれなりとなるので今の所は実施する予定はない。
するならSSD化の方が先だろう。

所で今回この作業を実施していて気が付いたが、この無線LANカードはBluetoothとのマルチコンボカードである。
機器スペックでもBluetooth 4.0対応となっている。
でもなぜか私のPCでは買った当初からBluetoothを認識していない。
Nbt
上図の通りデバイスマネージャではBluetoothを認識していない。

手持ちのUSB Bluetoothアダプタを接続すると下図のようにちゃんと認識されている。
Bt

カードがおかしいのかと思ったが、他のPCに接続してみたらBluetoothはちゃんと認識された。
原因はおそらくV3-571のmPCIコネクタにきているUSB配線が正常に動作していないからだと思われる。

元々私の前ノートPCの仕様ではBluetoothを積んでいなかったので外付けアダプタを使っていた。
しかもこのPCに買い替えたころはBluetoothをほぼ使っていなかったので、無いことに特に疑問を持っていなかった。

今回改めて調べてみてこの不具合に気が付いたのである。
買ってから4年目になって初めて気が付く驚愕の事実。

まあ今更ですけどね。


|

« BCM57785で不具合 | トップページ | Windows10の無料アップグレード »

コメント

こんにちは。
私もこの機種(Aspire V3-571-H54D/K)を使っております。さらに、別の型番のAspire V3-571も所持しており、いずれもWindows10で快適に利用できております。

ところが、少し変なことに気づいてしまいました。

Windowsのタスクマネージャーにおけるパフォーマンス⇒メモリにて、「速度」が「800MHz」と表示されているのです。
今までは注目していなかった項目なのですが、メモリを増設して、気づいた次第です。
同じメモリを他のPC、より古いPCに取り付けると、1000以上の数値になります。いろいろとメモリを入れ替えたりしながら試してみましたが、いずれも800です。
2台のAspire V3-571で同様です。

blogの辺境さまのPCはいかがでしょうか?

投稿: ランジェリー旬報 | 2016年10月25日 (火) 12:58

どうも初めまして。

私のPCでも速度は800MHzとなっています。

私の使っているメモリはDDR-3-1600 PC3-12800の規格で、これはメモリクロックが200MHz、バスクロックが800MHzとなります。

データ転送はバスクロックの立ち上がりと立ち下りの2つのタイミングで行われる為、データ転送クロック速度は800MHzの2倍の1600MHzとなります。

1回のデータ転送で64ビット(8バイト)のデータが転送できるためデータ転送速度は1,600M*8byteで12800Mbyte/秒となります。

これが規格名の数値の由来となります。

恐らく表示が異なるのはWindowsのバージョンによりバスクロック速度で表示しているものとデータ転送クロック速度で表示しているものの違いではないかと思います。

古いPCでバスクロックが800MHzをサポートしていない場合、より低いバスクロックの規格で動作するため、同じメモリを使っても1600MHzより低い値(1333や1066など)が表示される場合もあります。

なのでwindows10の環境で800MHzの表示は正しいと思います。

投稿: rikuzen | 2016年10月25日 (火) 21:58

返信ありがとうございます。
800MHzですか。私の所だけではないということで、ひとまず安心しました。

おなじメモリ、Sandy Brdgeの、より古いチップセット機種( HM65 express)にいれると、1333だったか1066で表示されました。いずれもWindows10の最新状態(アニバーサリーなんたら)です。
さらには、2枚のうち1枚がDDR3-1333なので、1600MHzでは動作しないはずなのです。


手持ちのWindows10機、いくつか確認しましたが、いずれも1000超で表示されています。ACER Aspire V3-571 2台だけが800MHzなのです。


800MHz表示になっているACER Aspire V3-571も、
CPU-Zで確認すると、665.1MHzと表示されるので、実際の転送速度はこれの2倍、1333MHzであると考えて良いのかなと思っていますが。

投稿: ランジェリー旬報 | 2016年10月25日 (火) 23:10

コメントどうもです。
メモリは規格が低い方に合わせて動くので1333MHzで動いていると思います。
私の方でCPU-Zで確認すると799MHzで表示されます。

投稿: rikuzen | 2016年10月26日 (水) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/63524926

この記事へのトラックバック一覧です: Aspire V3-571をWindows10にアップグレードする:

« BCM57785で不具合 | トップページ | Windows10の無料アップグレード »