« @homepageから@niftyホームページサービスミニへ移行 | トップページ | Aspire V3-571をWindows10にアップグレードする »

2016年3月29日 (火)

BCM57785で不具合

私のPCにはBroadcomのGigabit Ether NicであるNETLINK 57XXシリーズが使われている。
Windows10にアップデートして直後は問題はなかったのだが、ここ最近で急にハングアップする事が多発するようになった。

NICの無効化/有効化を実施すると復旧するのだが、ハングアップした時の状態を確認するとLANのデータランプが超高速で点滅している。
PC上でNICをキャプチャしてもなにも流れていないので、NICが暴走している様に見える。

マイクロソフトのコミュニティでも同様の症状が報告されており、私の環境だけではないようだ。

一応メーカーサイトのドライバを検索してみたが、現在適用されているドライババージョン15.6.1.3より一つ古いと思われる15.6.0.14しか公開されていない。

書き込みではこのドライバにしても現象が改善されなかったらしいが、プロパティの構成情報にある詳細設定でReceive Side ScalingをデフォルトのDisabledからEnabledに変更すると直ったと報告されていた。

取り敢えず同じ対応をして様子を見てみることにする。

|

« @homepageから@niftyホームページサービスミニへ移行 | トップページ | Aspire V3-571をWindows10にアップグレードする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/63412486

この記事へのトラックバック一覧です: BCM57785で不具合:

« @homepageから@niftyホームページサービスミニへ移行 | トップページ | Aspire V3-571をWindows10にアップグレードする »