« 10月の穴埋め記事 | トップページ | Windows8のダウンロード販売を使ってWindows 8 Pro アップグレードを購入してみた »

2012年10月20日 (土)

Aspire V3-571のRAMを16Gbyteへ増設する

メインメモリーを4Gから16Gへと一気に4倍化。
ただしメーカーサポート外なので失敗しても自己責任。

121020001
という訳で購入したメモリーが到着したので早速増設の事。
買ったのはシリコンパワーのDDR-3-1600 PC3-12800 8GB*2枚組みの奴です。

121020003
所でメモリー増設にあたってこのシールを外さないとカバーのネジが外せません。
破ったら保障外っすよって奴です。
まあどうせその内HDDとかも換える気がするので仕方ないね。


121020004
現状実装されてる4Gのメモリーカード、まあ当然この後外してます。


20121020_135621
メモリーカード換装後はシステム上できちんと16G認識してます。
これでスワップ時の速度低下から開放されるのか、暫く様子見ですな。

121020002
ついでに買ったUSB3.0対応のフラッシュメモリー、価格の割りにそれなりに早い。
USB3.0ポートがあるんだからやっぱり早いのが欲しいよね。

ここからは余談だが、このノートPCには外部画面出力が2個ついている。
従来からのVGAポートとHDMIポートの2つだ。
ひょっとして3画面出力できるのか気になって調べてみた。

Ivy Bridge+7シリーズチップセットでは3画面出力可能らしいが、なぜかモバイル向けに関してはスルーしてデスクトップ向けにものしか解説していない。

なのでインテルのサイトに行ってチップセットのスペックシートを見てみたのだが、モバイルの方(HM77 Express)も3画面出力はサポートしているようだ。
ブロック図には3 Independent Display Supportとなっている。

なので多分外部モニター2台繋ぐとトリプルモニター化が可能と思われる。

本当に可能なのかその内気が向いたら試してみるかね。

|

« 10月の穴埋め記事 | トップページ | Windows8のダウンロード販売を使ってWindows 8 Pro アップグレードを購入してみた »

コメント

4倍化はすごいです。しかしその後様子はどうですか。
私もこのノートPCが気になってブロック図を探してみたがきちんとしたものが見つからず、あきらめた。

投稿: moon_stone | 2012年10月25日 (木) 13:57

この手の低価格PCは大体構成が同じでなので、今出ている新Core iシリーズなら大体の機種で16GBまで搭載できると思います。

メモリーの方はWindows7の制御なのか、かなりアプリを立ち上げてみましたが3GBを越えた辺りでRAMの使用量はさほど増えなくなりました。
アプリを切り替えて色々試してみてもスワップしている時の画面の引っかかりの様な気になる動作は無かったので、通常使用なら別に4GBでも支障は無さそうです。

私は仮想PCを複数立ち上げることがあるので、仮想PC分のメモリーが無いと厳しいので増やしましたが、そういう明らかな利用用途が無いなら増設してもあまり効果は感じないかもしれませんね。

投稿: rikuzen | 2012年10月26日 (金) 12:36

そうでしょうね。低価格PC。
いろんな方の書き込みなどを見ているとメモリー種類がさまざまだったことが分かった。この間日本に行ったついでに買ったのは、KingstonのPC3-12800(800Mhz)だったけどPC3-10700(667Mhz)も良くあるようだな。
安いけど同じ価格で売っているものに対してはこれはひどい。
パーツをいろんなところから集めれば組み立てみたいな感じ。

私は3Dゲームなどをインストールして使って?試して?いるけど驚きの結果でした。
最近のものをなめちゃいけないなーと思った。

メーカー説明では(最大8GB)と書いてあったので、すっかり信じちゃっていました。
それでもうひとつメモリーが欲しくてebayで注文したけど一週間あまりたってもまだ来ない。
今rikuzenさんのブログを読んで少し後悔している。
どうせできるんだったら16GBに挑戦!となるところだったのに~

ごめんね。わけ分からない話たくさん書いちゃった。happy01

投稿: moon_stone | 2012年10月26日 (金) 18:58

コメントどうもです。

>最大8GB
メーカーが動作確認していない場合は、少なく書く場合があります。
この機種の場合、4GBと8GBのモデルしかないので保障は最大8GBとしていると思います。

あとPCによってはメモリーをDownGradeしてHDDを増やしていたり、別途GraphicChipを搭載したりとか、他の部分の強化でトータルでバランスをとっているので一概に悪いとは言えないです。

しかし今のノートPCの価格性能比はすごいですね。
Celeron DualCore搭載のノートPCも¥30,000以下で買えて、且つそこそこ使えそうですからね。

投稿: rikuzen | 2012年10月28日 (日) 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/55932155

この記事へのトラックバック一覧です: Aspire V3-571のRAMを16Gbyteへ増設する:

« 10月の穴埋め記事 | トップページ | Windows8のダウンロード販売を使ってWindows 8 Pro アップグレードを購入してみた »