« Hybrid W-ZERO3のBluetooth機能を使ってみる | トップページ | Hybrid W-ZERO3のメールソフトを入れ替える »

2010年11月14日 (日)

Hybrid W-ZERO3で効かなくなっていたフォーカスロックを使えるようにしてみた

sortinchikeyでMULTIボタンに独自の機能を割り当てたらカメラのフォーカスロックが効かなくなっていたのだが、何とか出来るんじゃないかと試してみることにした。

ネットを検索しても何故かうまく情報を見つけられなかったのだが、私の記憶では設定を追加してやれば使えるように出来たと思ったので早速以下の設定をsortinchikey.iniの中につっこんでみた。

[Define]
MAIL=0xf3


[FocusLock]
code=MAIL
with=
scan=
mode=short
direction=both
activeKind=appli
activeName=カメラアプリ
keyDown=MAIL
keyUp=MAIL

上記でMAILと定義しているスキャンキーコードは灰鰤のMULTIキーを押した際に発行されるコードである。
この設定をsortinchikey.ini内の他のMULTIキーを使った他の設定より先に記述してやることで、カメラを起動している場合のみMULTIキーをフォーカスロックに使えることを確認した。
他に特定のアプリでキーが使えなくなったという場合は”activeName=”部分に該当アプリ名を記述して、keyDown/KeyUpに該当キーのスキャンコードを記述して同じキーを使う設定より上に配置してやれば上手く行くと思う。
所で今回keyDown/KeyUpを設定したのは、sortinchikeyの常駐を解除後にmultikeyhookに同梱されているキーコードをスキャンするアプリで見て、フォーカスロック時にkeyDown/KeyUpのキーコードを発行しているのを確認したからである。

あと、sortinchikeyを導入してマナーモードやドライブモードなどの標準キーでの機能が使えなくなったという書き込みも見るが、sortinchikeyから該当キーに設定を割り振っていないならsortinchikey.iniから該当キー定義部分を削除することで正常に使えるはずである。
と言うか、私は使えている。
基本、sortinchikey.iniのキーコンフィグ部分には自分の使う設定のキーだけ定義して必要ないキーコンフィグは削除しておくのが問題を起こさないキモではないかな?。

何はともあれこれでフォーカスロックが使えるようになったので、カスタマイズも一歩前進なのである。

|

« Hybrid W-ZERO3のBluetooth機能を使ってみる | トップページ | Hybrid W-ZERO3のメールソフトを入れ替える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/50027523

この記事へのトラックバック一覧です: Hybrid W-ZERO3で効かなくなっていたフォーカスロックを使えるようにしてみた:

« Hybrid W-ZERO3のBluetooth機能を使ってみる | トップページ | Hybrid W-ZERO3のメールソフトを入れ替える »