« 実写風お絵かきテスト | トップページ | 洗濯機が。 »

2009年10月17日 (土)

Windows7を試してみた。

Windows7の90日限定版の仮想PC用イメージが公開されたので使ってみた。

公開されているファイルは以下の通り。(英語版の場合)

README.htm
Windows 7 EULA.htm
Windows7Fullx86Ent90Days.part1.exe
Windows7Fullx86Ent90Days.part2.rar
Windows7Fullx86Ent90Days.part3.rar

windows7のイメージファイルは3つに分かれていて700Mbyteのファイルが2つと400Mbyteのファイルが1つ、全部で1.8Gbyte程度である。

exeファイルを実行すると仮想PC用の実行環境が展開される。
これが約7.5Gbyte程度の容量となる。

今回私はバーチャルPC2007に英語版の方を使ってインストールしてみた。
バーチャルPCへのインストールの方法は簡単で、新しいバーチャルマシンウィザードを起動してバーチャルマシンの作成を選択し、名前と場所の選択のところで展開されたフォルダにあるconfig.xmlを指定してやるだけである。

ちなみにバーチャルPCの設定はこんな感じである。
Win7000
取り敢えずは初期状態からメモリの割り当てを1.5Gbyteに増やしている。

windows7は英語版なのでwindowsアップデートから日本語ランゲージパックをインストールし、システムのランゲージを日本語に切り替えて使ってみたのだがきちんと日本語に切り替わっていた。
Win7002
システムのヘルプもちゃんと日本語に変わっている様である。

AeroはWindowsエクスペリエンスインデックスの評価が実行できないので使用できない。
Win7003

使用してみた感じではバーチャルPC上とはいえ特にストレスを感じる様な部分はなかった。

個人的にはまあ敢えてXPからアップグレードするかと言えばそれは無いが、これから新しくPCを買う場合にはわざわざ避ける必要も無さそうである。

|

« 実写風お絵かきテスト | トップページ | 洗濯機が。 »

コメント

こんばんわ。

もうすでに海賊版が出回っているとか?
300円だったかな?
それでウイルスにやられた人もいるとか・・
この手の物は疎いのでよくわかりません・・
ドンドン便利になっても
頭がついていかないので私にはどうもsweat01


投稿: ルウ☆ | 2009年10月28日 (水) 20:41

コメントどうもです。

>もうすでに海賊版が出回っているとか?
中国は共産主義国ですから、元々著作権とかそういう概念ないですしね。

Windows7はVista使ってたならあまり違和感が無いと思いますが、大半はXPしか使ってないと思いますので最初は使い辛いと思います。

>ドンドン便利になっても頭がついていかないので私にはどうも
パソコンでやれる事とかは高度になってますけど、使いこなせれば便利でしょうが使いこなすことが簡単ではなくなってる感じですね。
私も使わない、必要ない機能は全然覚えませんよ。

投稿: rikuzen | 2009年10月30日 (金) 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/46509805

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7を試してみた。:

« 実写風お絵かきテスト | トップページ | 洗濯機が。 »