« なんだかね | トップページ | EeePCをカスタマイズ »

2009年6月27日 (土)

EeePcをEWF化する

好き勝手いじくるPCとして使用中のEeePcを使ってまたまた実験。

Q.
ところでEWFとはなんぞいや?

A.
説明しよう。
EWFとは何となくディスクに優しい様な気がするシステムのことだ。
.
..
...
という訳でネットで色々調べて導入してみた。
導入に当たっては個人的にはここのサイトが一番分りやすかった。

まあ先のサイトを見れば終わりだが、一応必要なファイルをあげておくと

1.UPHClean-Setup.msi
2.Shared_Computer_Toolkit_ENU.msi
これはどちらともダウンロードしてこれるが、Microsoftのサイトからダウンロードする場合はちょっとうざいが正規のOSを使っているかチェックが入る。


まあぶっちゃけると上の2つのソフトを導入したら展開されるたくさんのファイルの中の
EWF.SYS
EWFMGR.EXE
の二つだけが欲しいのである。

この2つを指定フォルダにコピーしておいたら後はソフトはアンインストールしていいのである。

そして先のサイトからREGファイルを落としてきてレジストリに登録すれば終わりである。

成功してれば再起動後にコマンドプロンプトから確認すると以下のようになっている。
090627001

でもこのままだとWindowsを終了すると起動前の状態に戻りwindowsを使っていた間の操作は無かったことになってしまうので、ちゃんと終了前に処理をする必要がある。

この辺を自動で実行してくれるのがEWFtoolである。
このツールをスタートアップに登録しておくと面倒な処理は全部自動でやってくれるのである。
動いている状態がこれ。
090627002

ここでちゃんとEWFの動作を説明しておく。

EWFはSSDやHDDなどに書き込むデータを一旦メモリ上にすべて蓄えておいてドライブへの書き込みを抑制してくれるのである。
ただ、そのままだとPCの電源落とすとメモリ上の変更データを破棄して何も無かったことにしてしまうのだ。
本来は必要があってそういう動きをしているのだが、普通にPCを使用する上では困るのでドライブに書き戻しをしてやらないといけない。
その辺を自動でやってくれるのがEWFtoolなのである。

で、今回導入して何がメリットになるかといえば

1.SSDの寿命が延びる
 これはSSDには書き換え可能回数という物が在ってこの回数を超えると読み書きできなくなってしまうのである。
 そこで何度も読み書きせずにEWFで最終的な変更だけ最後に書き込んでやろうというわけである。 
 つまりSSDへの書き込み回数が減り寿命が延びるというわけである。

2.プチフリーズが減る
 これは安いSSDのせいなのだが、書き込みが一気に発生するとPCが一瞬操作不能になる現象が出るのである。
 でもEWFならメモリ上で処理されるのでそんな問題がおきないのである。
 副次的な効果として書き換え処理がメモリ上で完結するのでファイルの保存とかがすごく早くなる。

しかしデメリットもあり

1.Windowsの終了が遅くなる
 これは最後に全部ドライブに書き戻しするので、その分待ち時間が増えるのである。

2.使えるメインメモリが減る
 これはEWFがメインメモリ上に書き込みデータを蓄える為である。
 私の今の設定ではEWF領域として400Mbyte位使っている。
 まあこの値は変更可能なので状況にあわせて設定すれば良いと思う。
 でもメインメモリが1Gbyteしか積んでいない場合は動作が不安定になりやすいらしいので、2Gbyte積んでおくことをお勧め。

3.途中OSがフリーズしたりリセットが入ったりするとそれまでの変更はすべて無かったことになる。
 これはまあフリーズしたりリセットしたりする時点で問題なのだが。
 だまって諦めるしかないね。


とまあこんな感じだが私の場合はメリットの方が大きそうなので導入した訳である。

しかし未使用EeePc901が¥29,800で売りに出てる。
いいなあ、欲しいなあ。(でも買わない)


追記:
EWF化後からインターネットに繋がらなくなっていた。
正確に言うとIE以外から繋がらなくなっていた。

私はSleipnir派なのだがなぜか繋がらなくなった。
Pingを打ってみるとerror code 65と返ってくる。
DHCPでアドレスを正常に貰ってるのだがDHCPサーバになっているルータにはアクセスできない。
EWFを無効にして立ち上げるとOK。

結果から言うとZoneAlarmが原因。
どうもインターネットゾーンセキュリティを高から中に変えないとだめみたいだ。
変更後からは問題なくアクセスできている。

ただし間にルータが入らない接続(フレッツツールでPPPを直接PCから張るとかダイアルアップ等で直接接続する場合)にはこの設定はあまりお勧めできない。
その様な場合にはEWFを無効化して再起動し、インターネットゾーンセキュリティを高に戻してから接続した方がより安全かと思う。

|

« なんだかね | トップページ | EeePCをカスタマイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/45466090

この記事へのトラックバック一覧です: EeePcをEWF化する:

« なんだかね | トップページ | EeePCをカスタマイズ »