« ルータが・・・ | トップページ | やったね。 »

2008年8月 2日 (土)

ルータは・・・

ルータの代替機(前と同じWD701CV(C))が届いたので早速設定してみたのこと。

といっても何やら勝手に自動設定で繋がってますがな。

しかし、設定項目をざっと眺めてみたが、ブリッジモードがなくなってる。
私はブリッジモードで使っていたのでいや~んな感じである。

何でブリッジモードなくしたんだろう。
この一点だけは私にとっては改悪である。

ブリッジで使えれば、例えルータとしての機能はどんなに貧弱で使いにくくても関係無かったのに。
しかもファームウェアのダウングレードも出来無さそうだ。
まあ、前に付いてなかったPPPoEブリッジ機能が追加されているので何とかなるけど。

運用上支障が無いといえば無いのだが、無駄にIPアドレス2個占有になってしまうのでブリッジモード復活させて欲しいです。
いっそ手持ちのルータを駆使すれば6個まではIPが取れそうだから、何処まで占有できるか試してみるかねえ。
6個占有できればちょっとしたIPアドレス富豪ですな。

9/2追記:
メーカのマニュアルページから確認してブリッジモードに変更できました。
そういえば昔もこういう手順でしたような?
しかしあまり親切な設計ではないですね。

|

« ルータが・・・ | トップページ | やったね。 »

コメント

>プロバイダ貸与品がADSLモデム内蔵ルータなのです。

記事が理解できなかったのですが、
これで納得しました。 (^^♪

PPPoEやブリッジ機能などが理解できません。
とりあえず設定はしていますが、
何が何だか・・・ (||▽|||);


IPアドレス、たくさん持っていると・・・
いたずらたくさんできますね?! (≧∇≦)

投稿: KATO-P | 2008年8月 3日 (日) 07:38

コメントどうもです。
PPPoEとブリッジを簡単に説明すると、LANケーブルで接続している機器が直接局側のルータとWANのトランクを張る場合に使う設定です。
PPPというプロトコルはもともとシリアルポートを介して接続する際に使ってた物なのでそのままではLANの中をを通せません。
そのPPPプロトコルをLAN上に通す為に設定するものなです。

ブリッジは文字通り橋なので右(LAN)から来たものを左(WAN)にそのまま何も処理せず素通しする設定です。

PPPoEブリッジ機能ならLAN側から来たPPPoEプロトコルのデータはそのまま何もせずWANに送出します。

単なるブリッジ機能なら、通常ADSL モデムとルータを内蔵している機器でルータ機能を殺す設定に使ってます。
つまり単なるADSLモデムとして使う場合にチェックするということですね。

細かいことを言うともっと長くなるにで以上です。

投稿: rikuzen | 2008年8月 5日 (火) 16:36

>LANケーブルで接続している機器が直接局側のルータとWANのトランクを張る場合に使う設定

PPPoEとブリッジは、理解できましたが
ますます解らない用語が出てきましたがな!

私はCATV回線なので、
利用しないから理解できないのだ、
と判りましたが・・・

投稿: KATO-P | 2008年8月11日 (月) 03:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/42038470

この記事へのトラックバック一覧です: ルータは・・・:

« ルータが・・・ | トップページ | やったね。 »