« 飛行船 | トップページ | Suicaの自販機 »

2005年9月11日 (日)

リンクフリーについて考えてみた

ちょっとばかしリンクフリーについて考えてみた。

今の世の中、インターネットといえばウェブであろう。
IEもFireFoxもOperaもみんなウェブを表示する為のソフトである。

皆さんも普段インターネットで見ているサイトのほとんどはウェブサイトではなかろうか。
ホームページもブログもみんなウェブサイトなのである。
なにせブログとはウェブ上のログであるウェブログが短くなって出来た言葉である。

でもウェブて何なのであろうか?
皆さんは考えたことがあるだろうか?

ウェブとはワールドワイドウェブつまり英語でWorld Wide Webである。
略してWWW又は単にWebと呼ばれている。

World Wide Web=世界的なクモの巣

まあ読んで字の如しである。

ここでいうクモの巣を構成する糸はもちろんハイパーリンクのことである。
要するに世界中のサイトにクモの巣の如くハイパーリンクの糸を張り巡らそうということである。
最初にウェブを作った人はそう考えていたという事である。

つまりウェブとはハイパーリンクを張ってこそのウェブなのである。
糸の無いクモの巣などクモの巣ではないのである。
だからリンクフリーなどと断るまでも無くウェブでリンクを張ることは当たり前なのである。
これが前提であるから海外のサイトはいちいちリンクフリーなどと書いてないのである。

しかし日本でウェブが広まり始めるとこういう前提を知らない人間が出てきた。
いちいちリンクの度に問い合わせが有るのも面倒なのである。
そこでサイトのページにこのサイトへのリンクはフリーですよと親切に書いて置いたわけである。

しかしこの書き置きが誤解を招いたのである。
リンクフリーと書いていないサイトはリンクフリーではないと思い違いをする人達が出てきたのである。
だがこの様な人が少数であった頃は誰かしらに間違いを指摘されて気が付いていたのだ。
こうしてインターネットではリンクフリーという概念が共有されてきたのである。

そこへ昨今のインターネットブームにより大量のインターネット初心者が流れ込んできた。
今まで携帯でネットをしていた人達である。

携帯でネットといってもキャリアの中の閉じられた世界でのことである。
キャリアが用意したサイトに接続し情報を受け取り、メールだけが情報を発信する手段である。
当然情報の発信範囲も仲間内の限られた範囲となるのである。

よって仲間内以外からメールが来る事もそう無く、来るとしたら間違いメールか迷惑メール、チェーンメールの類となるのである。
(チェーンメールは仲間内から送られてくる訳であるが)

だからこの人達にとって情報の交換とは仲間内の限られた範囲での閉じた世界の認識となるわけである。

なのでインターネットの世界にやってきて携帯の時と同様に、仲間内の情報交換のノリでホームページやブログを始めてしまう訳なのである。

ここでインターネット上で、インターネットのリンクの概念を持つ人達と携帯のメールを中心とした情報のリンクに馴染んできた人達との間に認識のギャップが生じる事になるのである。

前者は他者との情報のリンクは当然なのであるが、後者は他者からの勝手なリンクは不快に思うわけである。
何せ勝手に来るリンクとは迷惑メールに他ならないからだ。
そこで知らない人が勝手にリンクするとは失礼な!となるのである。

これはもう認識の違い、インターネット文化と日本の携帯文化の違いであるからどうしようもないのである。
異なる文化の出会いは必ず摩擦を生むものなのである。

現状二つの認識が存在している以上、リンクを張る際には気を付けねばならない。
リンクフリーと明記していない以上どちらの考え方か判らないからである。

よって私は大量のインターネット初心者が個人サイトを開いている現状では、リンクを張る場合に相手方に確認してから行う方が嫌な思いをする事が少ないと考えるのである。

もちろんこれは私の個人的意見であるので、皆さんのそれぞれのポリシーに基づきリンクを行なって頂ければ良いのである。

しかし上でわざわざ個人サイトといったのは、企業サイトは除くからである。
少なくとも企業が世界に向けてサイトを開く以上、自分ルールは許されないと思うからだ。
インターネットにサイトを開く上で、インターネットのルールを知りませんでしたでは済まないのである。
リンクを基盤としたシステムであるからリンクされるのは当然、どうしてもいやならリンクを弾く手段も有るのである。
そういう手段を採っていない以上、無断リンクお断りなど屁のツッパリにもならないのである。
しかも無断リンクは著作権の侵害だなどと言っていたサイトもあるが、侵害にならない事を公的機関が明言しているのである。

インターネットとは開かれた情報交換の場である事が最大の魅力である。
その開かれた場であえてMIXI等の閉じた情報交換を行うサービスもあるが、私はこれらがインターネットの主流になるとは思えないのである。
本来の精神に則って自由にリンクする事で嫌な思いをすることがない様、リンクフリーという概念が広く共有されることを望むのである。

もちろんこのサイトはリンクフリーなのである。
あえて書いてないけどね。
どんどんリンクして頂きたいのである。

余談であるがリンクフリーとは和製英語なのである。
国外では通用しないからご注意を!

|

« 飛行船 | トップページ | Suicaの自販機 »

コメント

rikuzenさん、はじめまして。
はてなから放浪してきました。

私もリンクに許可は要らないと思います。
「無断リンクお断り」というのは、
電話帳に電話番号を載せておいて、
勝手に電話してくるなと言ってるようなものだと思います。(笑)

いちいち聞かれるのが面倒なので、
私の場合は、あえてリンクフリー・トラバフリーと記載していますが、
「リンクフリー」の意味を転載OKと
間違えて捉えている人も少なからずいるようです。

投稿: らぶ | 2005年9月19日 (月) 14:09

コメントありがとうございます。

私もリンクフリーの立場なので、無断リンクお断りと言うのには抵抗があることは確かです。

しかしリンクをしたことによって、自分が嫌な思いをするのはどうかな?とも考えてしまうのも事実です。

出来ればこういう基本的な内容は、最初に学校なんかで教えておけばいいのになと思います。
最近は小学校からパソコンの授業があることですし。
まあ現状では無理でしょうが。

これに関しては日本のローカルな問題ですから、今後どう折り合いが付いていくのか(折り合いが付かない可能性もありますが)興味が有る所ではあります。

投稿: rikuzen | 2005年9月19日 (月) 20:32

初めまして~~~!

ブログ初心者のステっ子です!

あちゃらこちゃらROMしていましたらここにたどり着きました。
文章が読みやすくて感動のあまりカキコしちゃいました!

また立ち寄ってみたいと思っています。

ではでは

投稿: ステっ子 | 2005年9月23日 (金) 13:04

コメントありがとうございます。

私もblogは始めて4ヶ月の初心者になります。
車の免許で言うと若葉マークです。

blog初心者ということですからblogサイトを開かれているのですね。

サイトをお持ちでしたら、ぜひ教えてください。
こちらからも寄らせて頂きます。

投稿: rikuzen | 2005年9月23日 (金) 23:53

はじめまして。リンクフリーのことでもう少しお伺いしたいのですが、転載OKとは意味がちがうのですか?
私のブログやHPに勝手に大小問わず企業のアドレスを記載することは、リンクフリーという意味ですか?
(まだ公開してないんですけど)
素人質問でごめんなさい。
よければ、教えてください。

投稿: masaochan | 2007年12月 6日 (木) 12:50

コメントありがとうございます。

>転載OKとは意味がちがうのですか?

リンクフリーと転載では全く意味が異なります。
リンクフリーについては下で説明しておきます。

転載は相手の著作物をコピーする行為なので著作権が絡んできます。
基本的に引用の範囲内でなければ転載の許諾が無いとNGかと思います。
引用にあたるのは転載してきた文章に対する考察とか意見とかを自分なりに付加して文章に新たな価値を付ける事に当たります。
単なる転載してきた文章に対する感想だけでは引用と認められないみたいです。


>私のブログやHPに勝手に大小問わず企業のアドレスを記載することは、リンクフリーという意味ですか?

アドレス(URL)の単なる記載だけならリンクフリーということすら関係しません。

リンクフリーのリンクとはハイパーリンクの事なので、許可なんか取らずにどんどんハイパーリンクしても良いですよというのがリンクフリーです。

ハイパーリンクとは、ハイパーリンクされた文字列等をクリックすることによりハイパーリンク先に移動する仕組みのことなので、URL等をただ記載するだけならリンクフリーという概念自体にあたらないのです。

以上、不明点がありましたら又ご質問ください。
ただこの問題はいろいろ根深い物があるので、いろんなサイトの意見を聞いてみると良いかもしれません。

投稿: rikuzen | 2007年12月 7日 (金) 01:08

回答どうもありがとうございました。
良くわかりました。
あと、HP用のフリーの素材集などで、商用は良いとか悪いとかの記載がありますが、その「商用」というのは、どういう意味でみなさん言われているのでしょうか?
私がたとえば、やりたい商売があったとして、そのイメージに合う素材があり、それをHPに利用して装飾し、かっこよく見せるというのは、「商用」なんですか?
それとも、その素材自体をなんらかの形で販売することを、「商用」といっているのでしょうか?
よろしく、お願いします。

投稿: masao | 2007年12月 8日 (土) 13:39

一般的な商用の場合を説明します。

この場合の商用とはその素材を利用して作成した物で金銭的利益をあげる行為が該当するかと思います。

ただし配布に伴う実費程度での販売なら認めている場合もあります。
これも個々に違う場合があるので確認が必要でしょう。

>私がたとえば、やりたい商売があったとして、そのイメージに合う素材があり、それをHPに利用して装飾し、かっこよく見せるというのは、「商用」なんですか?

これも素材の提供主さんの考え方によってOKの場合とNGの場合があるかと思います。
当然個人・法人問わず商用サイトはだめという場合もあります。

つまり商用利用で認める範囲は素材提供元の判断で変わってきます。
素材提供元サイトの規約で確認するか、または提供主に確認するのが間違いないでしょう。

投稿: rikuzen | 2007年12月 8日 (土) 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99274/5887009

この記事へのトラックバック一覧です: リンクフリーについて考えてみた:

» Firefoxに極めて重大な脆弱性 [ラッキーの何でも日記]
FirefoxにDoS攻撃を誘発する深刻な脆弱性が発見された。最新の1.5 β1 [続きを読む]

受信: 2005年9月11日 (日) 20:59

» WWW派ブログと携帯派ブログ [■■ブログの種(たね)■■]
  ぼくは,WWWの経験を持ってブログを始めたクチです。 しかも,インターネット初期の少々ストイックなWeb体験が基盤にあります。 最近では,携帯での交流の経験からブログを始めたという方もたくさんいるようです。 [http://riku-zen.cocolog-nifty.com/blog001/ 「blogの辺境 〜目指せblogの一市民〜」]のrikuzenさんが [http://riku-zen.cocolog-nifty.com/blog001/2005/09/..... [続きを読む]

受信: 2005年9月19日 (月) 12:34

« 飛行船 | トップページ | Suicaの自販機 »