« 自宅サーバ構築記(12) MovableTypeのアップグレード | トップページ | ココログの反応速度 2 »

2005年6月14日 (火)

アクセスカウンターの設置の仕方

追記:05/9/23
改訂版の記事をこちらにアップしました。
新しい記事の方を参照してください。

注:05/9/10追記
現時点でこの方法は古くなっています。新方式に対応したやり方をアップする予定です。
この記事の方法でも現時点では可能ですが、新しい方法の方がお勧めです。
相違点はカウンタの種類をマウスで選べる様になったこと、自動的に貼り付けるコードが表示されるようになったことです。
コードの内容も@niftyIDを使用しなくなっているのでより安全です。
上記以外の部分はこの記事のままで対応できます。

--------------------------------------

ココログへアクセスカウンターを付ける方法である。

私も最初はココログベーシックにアクセスカウンターを付けれるとは考えていなかったのである。
ひなたぼっこさんの記事を参考にカウンタを設置する事ができたが、確かによく考えてみればBlog自体はHTTPベースで表示されているのでWebブラウザで解釈できる様にコードを追加してやれば良いのである。

しかし正直、最初はどこに何をどういう風に追加してやればよいのか想像出来ないと思う。
まあリンク先の記事を見れば何も問題はないと思うが、私も一応カウンタの設置方法を解説するのである。
2番煎じである以上、リンク先の記事よりは多少詳しく説明しておくのである。

しかしなぜココログ全文検索の”カウンタ 設置 方法”ではリンク先の記事がでないのだろう?
しかも”カウンタの設置方法”ではまったく引っかかる記事が無かったし。

それはさておき、まずは最初にアット・ホームページでホームページを作っておいて欲しい。

ただしホームページを作るといっても、心配する必要はない。
特別何かする必要はないのである。
要はカウンターを使えるようにホームページ用のURLを取るだけの事である。
ホームページ用のURLを取ったからといってホームページを開く必要はないのである。

説明がめんどくさいので
ココログを開設出来ている方ならホームページの開設も出来ると判断してホームページの開設方法はここでは説明しないのである。
とりあえずホームページ用のURLさえ取っておけば後で独自CGIを導入するにも便利なのである。

ホームページ用のURLを取ったらアクセスカウンター一覧からか利用したいカウンターのタイプを決めておいて欲しい。(例えば漢数字で表示したいならカウンタタイプ24という風に)

<6/29追記:以前はカウンタタイプの番号が表示されていたと思うのだが現在アクセスカウンター一覧からカウンタタイプの番号表示がなくなっているのである。
なのでカウンタタイプの番号を知るには使用したいカウンタ画像の上で右クリックしてプロパティを選ぶのである。
すると表示されたウインドウの中の”http://homepage.nifty.com/counter/img/count**.gif”、count**の**部分がカウンタタイプの番号になるのである。>

次に以下に示すアクセスカウンターのコードを下図中の”ブログのサブタイトル(キャッチフレーズ):”の下にある空白の枠内部分に記述するのである。
blog

ただしアクセスカウンターのコードは日本語表記部分を除き全て半角英数字で改行を入れずに一行で記述するのである。
一応下に記述したアクセスカウンター用コードはコピペできるように日本語表記部分を除き半角英数字で表記してある。
日本語の部分は自分の好きな文に変更してほしい。
私のサイトの場合はカウンタの所を見て判る通りなのである。


・記述するアクセスカウンター用コード

<br>あなたは<img scr="http://hpcounter1.nifty.com/cgi-bin/counter.cgi?u=@niftyID&p=カウンタタイプ番号&c=6">人目の訪問者です


・コードの説明

hpcounter1の太字の数字部分は自分のホームページ用のURLによって替わる。
homepage1から始まるURLだと上記の通りだし、homepage2からならhpcounter2という具合。
今だと1~3のどれかが入る。
@niftyIDは自分の@niftyIDを記述する。
カウンタタイプ番号には決めておいたカウンタタイプ番号を記述する。
上で述べたカウンタタイプ24での例だと&p=24となる。

私のBlogの場合、カウンタとBlogタイトルの下の部分が一部重なってしまうので1行下げるため<br>を記述しているが差し支えがなければ別に記述しなくても良いのである。


例えばホームページ用のURLを”http://homepage3.nifty.com/hogehoge/”で取得しており、自分の@niftyIDがABC01234、カウンタタイプは4番を使おうと考えているなら以下の様になる。

<br>あなたは<img scr="http://hpcounter3.nifty.com/cgi-bin/counter.cgi?u=ABC01234&p=4&c=6">人目の訪問者です


あとは変更を保存すると”設定変更の内容を保存しました。変更をサイトに反映させるには、サイトへの反映が必要です。”と表示され”サイトに反映”ボタンが現れるのでクリックするのである。
そして新しく開かれたウインドウの選択ボックスから”メインページのみ”を選んで”反映”ボタンを押せば終わりなのである。(これは”すべてのファイル”を選ぶ方がよいかもしれない)
これで晴れてBlogのトップページへに今までの訪問者数が表示できるようになったのである。

しかし残念ながら@niftyのカウンタの使い方には昨日・今日の訪問者数を表示する方法は説明されていないのだ。
(&c=6の数字部分を変えると出来そうな気もするが試していないので不明である)
どうしても昨日・今日の訪問者数も表示させたいなら次はカウンタ用の独自CGIの設置にチャレンジして欲しい。
アクセスカウンタを設置する程度ならそんなに難しくないのである。


余談だが私のBlogでは独自カウンターを使用しているが現状ではトータルの訪問者数しか表示していない。
まあぶっちゃけ日々の訪問者数が少ないので堂々と表示するのがちょっとばかり恥かしいからだ。
昨日の訪問者数:0001
本日の訪問者数:0001
なんて表示ではいくら辺境を自認する当サイトといえどもちょっと・・・なのである。
まあ幸い上記の数字ほど酷くはないのだが、もう少し見てもらえる記事が書ける様になったら考えるのである。

そのうち@niftyのHPを利用した独自CGIの設置の仕方についても書くと思うが今回はここまでなのである。


6/21追記及び加筆訂正実施

うちのBlog記事の中では結構読まれている様なのだが、果たしてうまく設置できている人はいるのだろうか?
なにせ記事を書いた本人は独自カウンターを設置しているのでちょっと自信がないのである。
アクセスカウンタを付けるきっかけをくれたひなたぼっこさんには感謝なのである。

6/29追記
サイドバーへカウンタを表示させる方法も追加したのである。参考にして欲しいのである。
7/5追記及び加筆実施
独自カウンタを設置するも追加したのである。参考にして欲しいのである。

|

« 自宅サーバ構築記(12) MovableTypeのアップグレード | トップページ | ココログの反応速度 2 »

コメント

ありがとうございました。
無事にカウンターをつけることができました。

そのおかげか、こころなしかアクセスが
上がって来た様な気がします。

また、御暇が有れば寄ってやって下さいませ。

投稿: たっど | 2005年7月 4日 (月) 12:29

カウンタ設置おめでとうございます。

やはり見てくれている人がいるのは励みにもなります。

私の記事でもカウンタに関する物はアクセスが多いので、やはり皆さん興味を持っているのでしょう。

投稿: rikuzen | 2005年7月 4日 (月) 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセスカウンターの設置の仕方:

« 自宅サーバ構築記(12) MovableTypeのアップグレード | トップページ | ココログの反応速度 2 »